• 番組情報
  • タイムテーブル
  • スポットCMについて
  • リクエストはこちら
  • 長岡リンク集
  • 防災情報
  • 緊急告知ラジオ
  • FMながおか技術部
  • 建ちあがれ!タウンクリエイター
  • 思いつきで更新!FMながおか日記
  • さとちんの縁側日記
  • JCBA 日本コミュニティ放送協会
  • ワキヤ技研
  • ネットに繋げばいつでも聴ける!インターネットラジオ

緊急告知ラジオ

緊急告知ラジオについて

長岡市の次の試験放送は

8月1日(火)PM 12:30

小千谷市の次の試験放送は

8月1日(火)PM 12:35

〇見附市は、午後0時40分頃から実施します。

緊急告知FMラジオが正確に動作するように、市民のみなさまのご協力をお願いします。
毎月1日、緊急告知FMラジオの試験放送があります。

 <緊急告知ラジオと市民力>

緊急告知FMラジオは、FMながおかから特殊な信号を送ることにより、

自動的にラジオのスイッチが入り、情報を伝えた後は、自動的にスイッチが切れます。

 

FMながおかがきれいに聞こえる環境にラジオを置いてください。

 FMながおかが受信できなければラジオが起動しません。窓際や必要によっては、

 付属のT字型アンテナなどを取り付けて、FMながおかがきれいに受信できる環境を維持しましょう。

 

●スイッチを入れれば普通のラジオです。

 時々、右脇についているスイッチ(ボリュームを兼ねています)を回してスイッチを入れましょう。

 みなさまがスイッチを入れれば普通にFMながおかを聞くことができるラジオです。

 電池なども確認して、接点が腐食しないように管理してください。

 スイッチを入れていても、緊急時にはランプの点滅とともに緊急情報が最大音量で放送されます。

 

常に家庭用コンセントから電気を取りましょう。

 このラジオは、スイッチを切っていても緊急情報の受信を「待機」しています。電池の消耗が早いので、

 普段は、家庭用コンセントから電気を取ってください。

 

市民のみなさまのご協力が必要です。

 システムという「ハード」と市民のみなさまの適切な管理という「ソフト」が共に揃うことによって

 成立するシステムです。ご協力をよろしくお願いします。

 

 災害発生時必要なのは、「自助共助公助」です。緊急告知FMラジオの適正な維持は「自助」の

第1歩と考えています。また中越大震災から10年。高い防災意識の維持にも寄与すると考えています。

 

 ☆緊急告知FMラジオの適正な維持=防災意識の維持☆

 

配っただけではこのシステムは完成しません。

FMながおかは長岡市・小千谷市と協力しながら、ご連絡をいただいたご家庭を訪問し、

直接コミュニケーションをとりながら、システムの維持に努めています。

 

設置または、対応のお願い

  1. ①アンテナを伸ばして窓際に置くなど、FMながおかが受信できる環境を整えてください。ラジオはFMながおかの周波数に合わせてあります。聞えるかどうか確認してください。電波時計と同様、電波を受信できる環境づくりにご協力ください。
  2. ②平常時は、常に家庭用のコンセントから電気を取ってください。
  3. ③白のタイプは充電用の電池が。黒と灰色のタイプは普通の単3電池が入っているかご確認ください。
  4. ④長岡市危機管理防災本部、小千谷市危機管理課から避難情報が入ったらラジオを動作してお伝えします。
  5. ⑤スイッチを入れると、FMながおかが聞こえてくる普通のラジオです。ご活用ください。
  6. ⑥<スイッチが自動的に切れなかった場合について>
    • ・白色のラジオ(写真上段)
      右側にある赤い丸の部分を時計回りにまわし(カチっと音がしてスイッチが入ります)、また反時計周りに戻してください(カチっと音がしてスイッチが切れます)。
    • ・黒色と灰色のラジオ(写真中段と写真下段)
      右上四角の「確認照明」ボタンを押してください。
      *これらの操作をしても緊急信号を受信できる状態です。


KCT-02S
(白色のタイプ)


EWR-953
(黒色のタイプ)

Comfis-R1
Comfis-R1
(灰色のタイプ)

Comfis-W67
最新型 Comfis W67
W67表 W67裏

このページのトップへ