PRODUCED BY FM NAGAOKA 80.7MHz

トップページ > クリエイター

クリエイター紹介

第99回目 県単道路融雪施設(補修)メーンパイプ補修工事 株式会社 松井組 第99回目 県単道路融雪施設(補修)メーンパイプ補修工事 株式会社 松井組 第99回目 県単道路融雪施設(補修)メーンパイプ補修工事 株式会社 松井組

Creator No.99

株式会社 松井組 土木部主任 瀧沢 克也さん

Young Town Creater

株式会社 松井組 土木部主任 瀧沢 克也さん

第99回目の放送は、2018年10月15日(月)です。県単道路融雪施設(補修)メーンパイプ補修工事 株式会社 松井組です。消雪パイプの工事現場を取材するシーズンとなりました。今回の現場は中之島地域です。
DSC_4769
この道路は、一般県道長岡中之島見附線。大竹邸記念館から7.13水害メモリアル公園、中之島大橋につながる主要な道路です。本日のヤングタウンクリエーターでもある瀧沢克也さん。地元中之島に生まれ、子供のころからこの道路を利用してきました。この現場は7.13水害でも大きな被害があり、また最近はゲリラ豪雪も発生しやすい地域となりました。
DSC_4784
新しい消雪パイプは、幅が狭くシャープな印象を受けますね。実際の工事でも扱いやすくなっているそうです。中之島地域の生活を守る大切な工事。地元出身者が気持ちを込めて工事しています!

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第98回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)左岸高水護岸その1工事 株式会社中越興業 第98回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)左岸高水護岸その1工事 株式会社中越興業 第98回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)左岸高水護岸その1工事 株式会社中越興業

Creator No.98

株式会社 中越興業 現場代理人 田邊 敬市郎さん

Young Town Creater

株式会社 中越興業 工事係 大竹 一気さん

第98回目の放送は、10月8日(月)放送です。渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)左岸高水護岸その1工事 株式会社 中越興業です。渋海川シリーズ。護岸ブロック張り工事です。
取材は2018年9月上旬。現場は左岸。今までの護岸ブロック張り工事の現場は右岸が多かったのですが、左岸はまだ少なく、この現場近辺ではこの場所が皮切りとなるブロック張り工事と言えるでしょう。
DSC_4761
2018年8月下旬の大雨の時、渋海川の水位が予想以上に上がり、仮堤防を越水。工事現場が水に覆われてしまいました。そのため仮の堤防を1mかさ上げしたそうです。
DSC_4769
工事現場ではいろいろなハプニングがあるものです。現場で臨機応変の対応が求められることも多くあります。現場にいる若い力はそんな経験を繰り返しながら大きくなっていくのだと感じました。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第97回目 一般県道滝谷三和線 社会資本整備総合交付金 機能補償市道付替工事 星野組 第97回目 一般県道滝谷三和線 社会資本整備総合交付金 機能補償市道付替工事 星野組 第97回目 一般県道滝谷三和線 社会資本整備総合交付金 機能補償市道付替工事 星野組

Creator No.97

株式会社 星野組 工事主任 池田 富博さん

Young Town Creater

株式会社 星野組 平澤 拓馬さん

第97回目の放送は、2018年10月1日(月)。一般県道滝谷三和線 社会資本整備総合交付金 機能補償市道付替工事 株式会社 星野組 です。この取材を通して、大きな道路を造るためには、そこに至るまでの細かいがたいへん重要な工事があることに気付かされます。
DSC_4747
国道17号から立川総合病院に向かう道路。ここは将来的に国道404号長岡東西道路(すなわちフェニックス大橋)と直結します。今は通れません。しかしこの大きな道路工事をするためには、現在ある市道の付け替えが必要になります。
DSC_4724
市道は、市民の生活に直結している道路であり、ガス、上下水道、電力、通信等のライフラインもいっしょに通っています。長岡東西道路の工事により、その市道が工事現場に埋もれて、これらの機能が失われることは許されません。工事名にある「機能補償市道付替工事」とはそういう意味が込められています。もちろんこの現場にも若い力が欠かせません!

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第96回目 一級河川渋海川(永盛橋)広域連携(河川)迂回路仮橋設置工事 株式会社大石組 第96回目 一級河川渋海川(永盛橋)広域連携(河川)迂回路仮橋設置工事 株式会社大石組 第96回目 一級河川渋海川(永盛橋)広域連携(河川)迂回路仮橋設置工事 株式会社大石組

Creator No.96

株式会社 大石組 現場代理人 川勝清貴さん

Young Town Creater

株式会社 大石組 現場技術員 渡辺 智也さん

第96回目の放送は、9月24日(月)です。一級河川渋海川(永盛橋)広域連携(河川)迂回路仮橋設置工事 株式会社大石組です。渋海川の事業は、昭和54年からスタートしており、川の幅を広げ流下能力を高める工事が各所で実施されています。過去のまちクリでもこの渋海川シリーズの取材は多くなっております。ここは「橋を延伸する」現場です。川幅を広げるということは、橋も長くしなればいけません。
DSC_4678
しかしこの道路(永盛橋)は交通量が多いため通行止めにできません。そのため仮橋を造るのですが、ポイントは現在の永盛橋を活かしつつ、途中から仮橋へと移ります。延伸工事をする右岸側に迂回路として仮橋を造ります。永盛橋の右岸側を1径間伸ばします。
DSC_4688
仮橋と永盛橋との接続部も緩衝装置を入れます。橋は元来「動く」ようにできていますが、仮橋は固定されていて動きません。そのままつなぐことはできないのです。また橋は元来「途中から」車が乗り入れることを想定していないので、永盛橋の補強も必要になります。奥が深い工事です。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第95回目 菖蒲川広域河川一級(防災安全緊急)排水樋管工事 株式会社安藤組 第95回目 菖蒲川広域河川一級(防災安全緊急)排水樋管工事 株式会社安藤組 第95回目 菖蒲川広域河川一級(防災安全緊急)排水樋管工事 株式会社安藤組

Creator No.95

株式会社 安藤組 星野 智さん

Young Town Creater

株式会社 安藤組 星野 智さん

第95回目の放送は、2018年9月17日(月)です。菖蒲川広域河川一級(防災安全緊急)排水樋管工事 株式会社 安藤組です。ここは高速道路長岡ジャンクションに近く、高速道路のすぐ脇にある現場です。
DSC_4579
この排水樋管は、大雨で一級河川菖蒲川の水位が上昇したときに、農地に水が入り込まないようにするための水門です。平常時は農業排水を菖蒲川に流すために門が空いています。このハンドルを回すことで水門を上下させることができます。
DSC_1326
 <2016年7月11日放送 槇山町亀貝線 架設ヤード・取付道路工事>
2016年7月の放送時は、道路工事の現場でした。今回はまったく違う排水樋管工事の現場です。2年の時を経て星野さんとお会いすることができました。
今回の排水樋管工事も、一般市民には目に触れる機会が少ないと思います。しかし地元住民や農家の方には非常に重要な役割を果たします。道路に水路に、星野さんは大活躍をしています。若い力のお手本になります!

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第94回目 槇原地区防災・安全(急傾)公関・その他補正法面工工事 株式会社ダイチ 第94回目 槇原地区防災・安全(急傾)公関・その他補正法面工工事 株式会社ダイチ 第94回目 槇原地区防災・安全(急傾)公関・その他補正法面工工事 株式会社ダイチ

Creator No.94

株式会社 ダイチ 現場代理人 高橋 元さん

Young Town Creater

株式会社 ダイチ 現場代理人 高橋 元さん

第94回目は、槇原地区防災・安全(急傾)公関・その他補正法面工工事 株式会社ダイチ です。場所は与板地域の槇原地区。この地区は周りが急傾斜地の囲まれています。傾斜地と民家が近いところにあります。その法面を強くして、がけ崩れが起きないようにします。
DSC_4506
すべり面を突き抜けて、地山まで杭を打ち込みます。長いところで7m。短いところでも5.5mです。すべり面が滑らないように地山からしっかりと固定します。
まち2
急傾斜地の工事には欠かせないモノレールです。モノと人を運ぶことができます。このモノレールがあることによってかなり効率が良くなっております。
今回の工事では、杭を570ヵ所打ち込んでいます。総掘削距離は約3.5kmにおよびます。さらにその杭を上下左右ワイヤーで固定します。今回の工事では地元住民の敷地に機材を置くなど、全面的に協力をいただいております。若い力が住民の安全を守ります。大切な工事が各地で行われています。集まれ若人よ!!

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第93回目(主)長岡栃尾巻線 県単隧道補修 梨ノ木トンネル補修 工事 坂井建設株式会社 第93回目(主)長岡栃尾巻線 県単隧道補修 梨ノ木トンネル補修 工事 坂井建設株式会社 第93回目(主)長岡栃尾巻線 県単隧道補修 梨ノ木トンネル補修 工事 坂井建設株式会社

Creator No.93

坂井建設 株式会社  現場代理人 高橋 英幸さん

Young Town Creater

坂井建設 株式会社 土木事業部 小山 真也さん

第93回目の放送は、2018年9月3日(月)。(主)長岡栃尾巻線 県単隧道補修 梨ノ木トンネル補修 工事 坂井建設株式会社です。現場代理人の高橋英幸さん。以前の放送では、砂防堰堤の現場でヤングタウンクリエーターとして出演していただきました。今回は、経験を積んでトンネル補修工事の現場代理人としての登場となります。これは嬉しいことですね!その時の放送はこちらをご覧ください↓
水上川2防災・安全交付金
(通常砂防)えん堤工事

DSC_4501
今回の工事では、このトンネルの「銘板」が落下しないように周りのコンクリートを補修しています。1982年10月に完成した梨ノ木トンネル。この時も坂井建設株式会社が建設企業体の1社として参加しています。

36年経過して、これからも安全に使うために補修工事を地道に行っていきます。同じ会社の、その当時生まれていない若い2人が想いを繋いでいきます。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第92回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)右岸高水護岸その2工事 株式会社 大石組 第92回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)右岸高水護岸その2工事 株式会社 大石組 第92回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)右岸高水護岸その2工事 株式会社 大石組

Creator No.92

株式会社 大石組 現場代理人 石黒 憲章さん

Young Town Creater

有限会社 三成興業 伊丹 悟さん

第92回目の放送は、2018年8月27日(月)の放送。渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)右岸高水護岸その2工事 株式会社 大石組です。渋海川シリーズです。川幅を広げる工事をしている渋海川の高水護岸工事。この現場では、①土でできた堤防斜面⇒②防水シートの上に砕石を敷いている斜面⇒③平張ブロックを設置してる⇒④平張ブロックがすべて設置し終わっている このすべての段階を見ることができます。
DSC_4543
およそ20m間隔で設置されている隔壁単位で工事の進捗状況がわかります。
DSC_4503 DSC_4501
さらにこの服。腰にバッテリーを取付け、両脇についているファンが体に涼しい風を送り込んでいます。これも熱中症対策ですね。
DSC_4549
またさらに、平張ブロックを吊るすチェーン。堤防の斜面角度に合わせて長さを変えております。斜面に取り付けるスムーズに取り付けるための工夫ですね。この現場ではまた違った角度から渋海川の堤防工事を見ることができました!

 

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第91回目 主要地方道 長岡西山線防災安全(隧補)薬師トンネル補修工事 植木組 第91回目 主要地方道 長岡西山線防災安全(隧補)薬師トンネル補修工事 植木組 第91回目 主要地方道 長岡西山線防災安全(隧補)薬師トンネル補修工事 植木組

Creator No.91

株式会社 植木組 現場代理人 田中 誠悟さん

Young Town Creater

株式会社 植木組 現場事務担当 鴨下 哲人さん

第91回目の放送は、主要地方道 長岡西山線防災安全(隧補)薬師トンネル補修工事 株式会社 植木組 です。新榎トンネル、楡原トンネルに続くトンネル補修工事です。トンネルは私の生活を支える大切なインフラであり、交通の要所になっているケースが多くなっています。この薬師トンネルも長岡と柏崎をつなぐ重要な道路です。
昭和51年7月に竣工した薬師トンネルは、現在42歳。年男ならぬ「年トンネル」です。
DSC_4523
長い年月が経ち、洞窟の鍾乳洞ができる原理と同じで、水に含まれている石灰質のものが固まっています。
DSC_4515
DSC_4509
トンネルの補修工事にはいろいろな種類のものがあります。過去のトンネル補修工事の放送をお聞きいただくと勉強になりますよ。これからもまだまだ長く使うために、若い世代に受け継ぎながら補修していく必要があります。大切な工事です。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第90回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸築堤・下層路盤工事 株式会社田中組 第90回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸築堤・下層路盤工事 株式会社田中組 第90回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸築堤・下層路盤工事 株式会社田中組

Creator No.90

株式会社 田中組 現場代理人 諸橋 高明さん

Young Town Creater

株式会社 西栄建設 長部 謙次さん

第90回目の放送は、2018年8月13日(月)。渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸築堤・下層路盤工事 株式会社田中組です。渋海川シリーズが続きます。この現場は昭和53年の梅雨前線豪雨でまさに決壊した現場となります。昭和54年から、渋海川では河川を広げる工事が実施されていますが、この工事は右岸側に新しい堤防本体を築堤する工事です。
DSC_4443
堤防がきれいに盛られているのがわかります。ブロック張をする前の土の状態になっている堤防です。
DSC_4388
堤防上が、15cm程低く掘られているのがわかります。ここに砕石を敷きます。今後の工事でここにアスファルト舗装が実施されます。堤防上の道路は「市道」なのです。この新しい堤防が洪水から私たちの生活を守ります。若い力が安全で安心な生活を支えているのです。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第89回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸高水護岸(その3)工事 第89回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸高水護岸(その3)工事 第89回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸高水護岸(その3)工事

Creator No.89

小川興業 株式会社 現場代理人 小川慎司さん

Young Town Creater

小川興業 株式会社 酒井 駿さん

第89回目の放送は、2018年8月6日放送。渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸高水護岸(その3)工事 株式会社です。先週に引き続いて小川興業株式会社です。先週は左岸。今週は右岸。2週連続の放送ですが、行っている工事は全く違うものです。
DSC_42612018年7月30日の現場
先週は、渋海川の新しい堤防の本体築堤工事でした。

DSC_4330
今回は、築堤した堤防にコンクリートブロックを張って、堤防そのものを強くする工事です。
渋海川ではたくさんの工事が行われています。このまちクリで過去の放送も見て、渋海川で行われている工事をご確認ください。昭和53年6月梅雨前線豪雨の翌年から続いている渋海川の工事。現場代理人の小川慎司さんはこの当時まだ生まれていません。世代を越えた河川工事がこれからも続きます。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第88回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)左岸築堤・下層路盤工事 小川興業 株式会社 第88回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)左岸築堤・下層路盤工事 小川興業 株式会社 第88回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)左岸築堤・下層路盤工事 小川興業 株式会社

Creator No.88

小川興業 株式会社 現場代理人 小川慎司さん

Young Town Creater

小川興業 株式会社 小林 洋介さん

第88回目の放送は、2018年7月30日(月)。渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)左岸築堤・下層路盤工事 小川興業 株式会社 です。昭和53年の梅雨前線豪雨災害の翌年、昭和54年から事業着手。現場代理人 小川慎司さんはまだ生まれていません。
DSC_4302
現在、渋海川では堤防法面にコンクリートブロックを設置している工事が行われていますが、左岸にあるこの現場は、堤防本体を築堤する工事です。基本の基本となる工事。現在は新堤防より内側に旧堤防が残り、河川敷にも土がたくさんあるため、新堤防の高さがわかりにくいですが、新堤防のすぐ外側には田園地帯が広がります。
2b11902de8145def80075c97ef056493(H28.11/4放送)
これは、2016年11月4日(月)第19回目放送の時の写真です。同じく小川慎司さんにご出演いただきました。今回とは現場が違いますが、これは新堤防の外側の工事を行っている写真です。小川興業さんは堤防本体を築堤する工事をされています。流路延長80.2kmの渋海川はいろいろなところで河川を広げる工事が実施されています。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第87回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)右岸高水護岸その1工事 越後交通工業 第87回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)右岸高水護岸その1工事 越後交通工業 第87回目 渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)右岸高水護岸その1工事 越後交通工業

Creator No.87

越後交通工業 株式会社 課長 新保 俊夫さん

Young Town Creater

越後交通工業 株式会社 工事係 田村 大稀さん

第87回目の放送は、7月23日(月)。まちクリではお馴染みの渋海川シリーズ。渋海川広域河川一級(防安緊急・補正)右岸高水護岸その1工事 越後交通工業 株式会社です。西日本豪雨では大きな被害が広範囲に渡って発生しました。この渋海川でも昭和53年の梅雨前線豪雨で溢水・破堤が生じ、甚大な被害が発生しました。翌昭和54年から事業着手されています。
DSC_4235
新しい堤防を築き、護岸ブロックを張る工事。取材したこの日は、護岸ブロックを張る前の高水護岸。堤防の下の方(河川敷よりも1m低いところ)に基礎ブロック。斜面には隔壁があります。
DSC_4183
この現場には、旧堤防もまだ残っています。この大量の土砂は運び出され、長岡北スマートインターチェンジ近くに整備される工業団地の造成に再利用されます。大きな災害が発生したときに、橋や道路、堤防を復旧するのにタウンクリエーターの力は欠かせません。そして昭和54年から長い年月をかけて整備される渋海川。若い力が世代を越えてインフラを整備していきます。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第86回目 二級河川郷本川 広域河川二級 分流堰(3-2)工事 中元組 第86回目 二級河川郷本川 広域河川二級 分流堰(3-2)工事 中元組 第86回目 二級河川郷本川 広域河川二級 分流堰(3-2)工事 中元組

Creator No.86

株式会社 中元組 現場代理人 星 哲栄さん

Young Town Creater

株式会社 中元組 現場作業員 池津 弘紀さん

第86回目の放送は、2018年7月16日(月)です。二級河川郷本川 広域河川二級 分流堰(3-2)工事 株式会社 中元組です。まちクリで放送してきた「郷本川捷水路(しょうすいろ)シリーズ」もいよいよ大詰め。捷水路に水が分流される部分の分流堰を造っています。
DSC_4092
DSC_4109
大雨で郷本川の水位が上昇した際、この堰を乗り越えた水が捷水路に流れ込みます。このことによって島崎市街地の浸水被害を軽減することができます。
最初にこの現場を取材したのは、2016年5月16日(FMながおか日記)でした。今回でひとつの区切りを迎えます!!過去を振り返ってみると、まちクリNO.7(2016年8月22日放送)、NO.10(2016年9月12日)、NO.38(2017年5月1日)、NO.63(2017年12月18日)、NO.69(2018年2月5日)がこの現場の取材でした。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第85回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸排水樋門工事 株式会社中越興業 第85回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸排水樋門工事 株式会社中越興業 第85回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸排水樋門工事 株式会社中越興業

Creator No.85

株式会社 中越興業 現場代理人 近藤 敏勝さん

Young Town Creater

株式会社 中越興業 工事係 神保 巧大さん

第85回目の放送は、2018年7月9日(月)。渋海川広域河川一級(防災安全緊急)右岸排水樋門工事 株式会社中越興業です。昭和53年6月の梅雨前線豪雨では大きな被害が発生しました。翌昭和54年から事業着手しています。川幅を広げ流下能力を高める工事です。昭和54年は今から39年前。その当時は学生だった方が、現在は工事現場の中心となって仕事をしています。
DSC_3991
一見足場しか見えないこの現場ですが、本体はその中にあります。茶色の板の周りに鉄筋が組まれています。ここにコンクリートが打設され水の通り道になります。私たちが生活する場所から渋海川に水を排出するのが「排水樋門」の役割です。
DSC_4049
堤防と接するこの部分が「水門」になります。渋海川が増水したときに水が逆流するのを防ぐ役割があります。今回のヤングタウンクリエータは20歳。これからまだまだ続く渋海川河川改修工事の次代を担います。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第84回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)左岸築堤・低水護岸工事 堀井組 第84回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)左岸築堤・低水護岸工事 堀井組 第84回目 渋海川広域河川一級(防災安全緊急)左岸築堤・低水護岸工事 堀井組

Creator No.84

株式会社 堀井組 現場代理人 小熊 泰弘さん

Young Town Creater

株式会社 堀井組 堀井 渉さん

第84回目は、2018年7月2日(月)放送。渋海川広域河川一級(防災安全緊急)左岸築堤・低水護岸工事 株式会社 堀井組です。現場代理人の小熊泰弘さん。昭和53年の梅雨前線豪雨で破堤による被害があった時、その場所を親に連れられて見に来た記憶があるそうです。そんな小熊さんが現在、昭和54年からはじまった渋海川整備事業の一端を担っています。
DSC_4046
ちょうど、渋海川と大沢川が合流するところ。「低水護岸」の工事です。川の堤防を見たとき、水に接する低いところにあるのが「低水護岸」。途中平らなところ(高水敷)を挟んでその上にあるのが「高水護岸」です。
DSC_4027
「低水護岸」は直接、川の水と接するため仮設堤防を造って、水が中に入ってこないようにしてから作業を行います。ヤングタウンクリエーターの堀井 渉さんは27歳。渋海川の整備事業は世代を越えてまだまだ続きます。

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第83回目 一般国道351号防災安全(橋補)乙吉大橋防護柵取替その2工事 第83回目 一般国道351号防災安全(橋補)乙吉大橋防護柵取替その2工事 第83回目 一般国道351号防災安全(橋補)乙吉大橋防護柵取替その2工事

Creator No.83

株式会社 曙建設 現場代理人 山田 和弘さん

Young Town Creater

株式会社 曙建設 現場代理人 山田 和弘さん

第83回目の放送は、6月25日(月)。一般国道351号防災安全(橋補)乙吉大橋防護柵取替その2工事 株式会社 曙建設 です。この道路は長岡市街地から栃尾方面に向かって新榎トンネルの手前にある、交通量の多い重要な道路です。
DSC_3996
乙吉大橋の橋名板です。車で多く通ることが多いのでほとんど見ることはないと思います。昭和50年に乙吉大橋が完成しました。防護柵はもちろんその当時のものです。柵の老朽化が著しく、さらに当時とは基準も変わっているので、新しく建設しています。車の大型化に伴い防護柵も強くなっていきます。
DSC_3976
バスの広告も出ていますのでご注目ください。現場代理人の山田和弘さん。乙吉大橋と同じ昭和50年生まれです。ご自分と同い年の橋を整備しています。ともに長生きしそうですね!!

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第82回目 一般国道351号 防災安全(雪寒・債務)防雪柵設置工事 永井工業 第82回目 一般国道351号 防災安全(雪寒・債務)防雪柵設置工事 永井工業 第82回目 一般国道351号 防災安全(雪寒・債務)防雪柵設置工事 永井工業

Creator No.82

株式会社 永井工業 現場代理人 佐藤 順子さん

Young Town Creater

株式会社 永井工業 小野塚 航洋さん

第82回目は、 一般国道351号 防災安全(雪寒・債務)防雪柵設置工事 株式会社永井工業 です。長岡市で初めてとなる防雪柵を取り付ける工事です。この道路は越路橋西詰交差点から国道17号まで、交通量も多く田んぼが広がっています。そのため暴風雪になると視界がゼロになってしまいます。
DSC_3977
道路わきに、円筒状の筒がたくさん並んでいますね。ここに柱が建って防雪柵になります。
DSC_3986
新潟県で1台しかないという機械を使用して、柱の基礎を造っています。長岡市で初めての防雪柵工事ということで永井工業の佐藤順子さんが現場で考えながら、いろいろと工夫をしながら進めています。まちクリで初めての女性現場代理人。ヤングタウンクリエーターも爽やかな若い男性。二人でこの工事現場を明るく照らしてします!!

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第81回目 一般国道351号 県単道路改築 交差点改良工事 永井工業 第81回目 一般国道351号 県単道路改築 交差点改良工事 永井工業 第81回目 一般国道351号 県単道路改築 交差点改良工事 永井工業

Creator No.81

株式会社 永井工業 現場代理人 永井 達也さん

Young Town Creater

株式会社 永井工業 五十嵐 貴樹さん

第81回目の放送は2018年6月11日(月)。現場は、一般国道351号 県単道路改築 交差点改良工事 株式会社 永井工業 です。越路橋の西詰。近くに河川公園がある現場です。井上円了の碑がありますね。
DSC_3924
長岡市街地からこの交差点を右折すると、長岡越路スマートインターチェンジと向かう道路。右折するときに直進車が見えずらいですよね。それを解消するためにこの工事が実施されております。また河川公園へと向かう歩道も整備しています。
DSC_3911
隣を走る焼田川に落ちないようにするための防止策。4本ある横棒。実は上がいちばん太い。これは耐雪仕様になっているのです。

なんと永井工業さんから逆取材もありました!さらに道路を使いやすく!この現場にも若い力が欠かせません!!

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
第80回目 柏崎高浜堀之内線防安雪災害(内地・県道)護岸(右岸)工事 株式会社星野組 第80回目 柏崎高浜堀之内線防安雪災害(内地・県道)護岸(右岸)工事 株式会社星野組 第80回目 柏崎高浜堀之内線防安雪災害(内地・県道)護岸(右岸)工事 株式会社星野組

Creator No.80

株式会社 星野組 現場代理人 金子 聡さん

Young Town Creater

株式会社 星野組 村山 将太さん

第80回目の放送は6月4日(月)。柏崎高浜堀之内線防安雪災害(内地・県道)護岸(右岸)工事 株式会社星野組です。現場は皆さんご存知の道路。長岡市外から蓬平温泉や山古志地域へと向かう太田洞門手前です。
DSC_3871
この現場では、道路のすぐ脇を流れる太田川の流れそのものを変える工事を行っています。現場に掲示されている工事看板に概要が紹介されています(上記写真)。国道17号方面から太田洞門につながる道路がほぼ直線になることがわかります。道路直線にするために太田川の位置を変えているわけです。
DSC_3884
以前、護岸だった部分が今は盛土されています。ここが道路になるわけです。蓬平温泉や山古志地域につながる観光面でも大きな役割を果たす道路。若い力が「新しい道」を造ります!!

ポッドキャストを聴く スライドショーを見る
1 / 512345