PRODUCED BY FM NAGAOKA 80.7MHz

トップページ > TOPICS > トピックス > 土木出張PR in 新潟県立栃尾高等学校

土木出張PR in 新潟県立栃尾高等学校

2020年2月18日(火)
栃尾高校で「みんなの土木教室 土木のお仕事紹介編(土木出張PR)が開催されました。
新潟県長岡地域振興局地域整備部が、建設関係団体と協力して開催。栃尾高校での開催は、
2年ぶり2回目となります。
DSC_0169 DSC_0172
対象生徒は、工業技術系を選択する2学年27名です。
新潟県測量設計業協会、建設コンサルタンツ協会北陸支部、新潟県建設業協会、新潟県土木部の
各種団体から講師が参加しました。測量⇒調査・設計⇒工事、全体の管轄で新潟県土木部。
社会資本の建設にかかわる団体が順番に講義を行いました。
DSC_0176 DSC_0175
最初のテーマは「測量」。測量はまさに「はじめの一歩」。図面を作成するところから
すべてが始まる。ドローンやレーザーなどの最先端技術も使用されており、女性や若い人たち
にも活躍の場がある、というお話でした。
DSC_0185 DSC_0192
体育館に移動して、測量体験。自分で投げたお手玉がどれだけ10mに近いか。
自分でその距離を測定器を使って測定します。第1位は10m25cm 和田浩熙さんでした!
DSC_0198 DSC_0201
ドローンを使用して空中からみんなで記念撮影。業務用ドローンも生徒に人気でした。
DSC_0205 DSC_0209
DSC_0212 DSC_0211
その後、建設コンサルタンツ協会北陸支部、新潟県建設業協会、新潟県土木部の順番に
業務の紹介が行われました。それぞれの担当者がこの業界の魅力、社会的責任の大きさ、
そしてやりがいについて、熱心に話をしていました。

○新潟県建設業協会青年部 株式会社中越興業 常務取締役 細川一彦さん
「私たちの業界は、なくてはならない業界だと思います。社会基盤を作っているのは
 自分たちの業界だ、という想いで、ぜひ若い人たちに来ていただきたくて、説明を
 させていただいた」
○栃尾高校2年生 荒井陽向さん
「初めて測量器の体験をして、すごい正確で細かいところまで測定できることに
 驚いた。自分は建築業に就きたいと思っている。建設コンサルタントや、施工管理
 に興味を持った」
○栃尾高校2年生 大槻梓音さん
「普段、なかなかふれあえない方々とふれあうことができて貴重な機会になった。
 建設は自分たちの生活に必要不可欠なものだということをあらためて感じた。」