PRODUCED BY FM NAGAOKA 80.7MHz

トップページ > TOPICS > トピックス > 附属長岡小学校で除雪学習会を開催

附属長岡小学校で除雪学習会を開催

2019年11月27日(水)
新潟大学教育学部付属長岡小学校4年生を対象に「除雪学習会」が開催されました。
DSC_0109 DSC_0111
附属長岡小学校4年生54人の児童が真剣に話を聞きました。
新潟県長岡地域振興局は、3つの小学校で除雪学習会を実施しました。

DSC_0113 DSC_0119
「38豪雪」の写真から始まり、長岡市内ではすべて合わせると
車道850km、歩道240kmの除雪を行い、その距離は長岡市から鹿児島市くらいだというお話。
除雪車の種類やその金額、除雪にかかるお金の話や、担い手不足や財政悪化など、
児童向けではありますが現実的なお話をしていました。大人でも勉強になる内容だと思います。
DSC_0116 DSC_0118
今回の授業で最後に出てきたお話。「自助、共助、公助」。
新潟県長岡地域振興局 地域整備部 維持管理課の福崎さんからは、
児童の皆さんに「みんなができることは何」と問いかける場面もありました。
「道路の雪山で遊ばない、屋根の軒先の下で遊ばない、しっかりと冬支度をしてポケットに手を入れない
 大雪の時は外出を控える、今日勉強したことを周りの人にお話しする、大きくなったら除雪の作業員になる」

子ども達からも、鉄道の除雪、道路除雪の優先順位、消雪パイプの井戸水についてなど、
たくさんの質問もありました。