• 番組情報
  • タイムテーブル
  • スポットCMについて
  • リクエストはこちら
  • 長岡リンク集
  • 防災情報
  • 緊急告知ラジオ
  • FMながおか技術部
  • 建ちあがれ!タウンクリエイター
  • 思いつきで更新!FMながおか日記
  • さとちんの縁側日記
  • JCBA 日本コミュニティ放送協会
  • ワキヤ技研
  • ネットに繋げばいつでも聴ける!インターネットラジオ

思いつきで更新!FMながおか日記

2016.4.17  カテゴリー:FMながおか日記

山古志闘牛場を清掃!新しい闘牛も登場!

2016年 4月17日(日) 山古志闘牛場です。

この日、5月4日から今シーズンのスタートとなる闘牛大会に向けて、

約30名のみなさんが集まり、山古志闘牛場の清掃活動を行いました。

20160417山古志闘牛 (1) 20160417山古志闘牛 (5)

たいへんな強風で、場内の枯葉を掃き出しても、また戻ってきてしまうぐらいでした。

そして今年からは、2名の女性が牛持ちとなりました。お一人は宝塚にお住いの方。

そしてもう一人が、長岡市今朝白にお住いの森山明子さんです!!森山さんの牛は「小豆丸(あずきまる)」です。

20160417山古志闘牛 (6) 20160417山古志闘牛 (2)

前山古志闘牛会会長の故 松井治二さんのとりこになり、山古志と関わりながら、闘牛を間近で見るようになり、

牛舎で牛の世話を手伝ったりしてきました。森山さんは、「自分の牛を持てば、もっと闘牛を身近に感じることが

できるのではないか」と思ったそうです。

そして「自分が牛持ちになることで、誰でも関われるんだ…というハードルを下げたい。また長岡市内で闘牛を

見たことがない人がたくさんいるので、見に来てほしい」とお話されていました。

20160417山古志闘牛 (7) 20160417山古志闘牛 (8) 

そして清掃の後、行われたのが、厩入れ(うまやいれ)という儀式です。昔は、それぞれの家で牛を飼育しており、

新しい牛が来ると行なわれた儀式だそうです。儀式の前には、熊本大地震の犠牲者に黙とうが行われました。

4つのお神酒が用意されます。これは牛の4本の足の無事を祈って という意味が込められているそうです。

20160417山古志闘牛 (3)

今回は、森山さん以外に2名の方が新しい牛持ちとなりました。

写真のいちばん右は、松井富栄 山古志闘牛会会長

その次が森山さん。

その次は、松田淳さん。しこ名は「文平」です。

その次は、(正確には次の次は)関 成史(なりし)くん3歳。3歳の牛持ちです。

「新宅成史号(しんたくなりしごう)」です。

 

20160417山古志闘牛 (4)   

そして、最後は牛すじの煮込み汁に、おにぎり。

最高の味でしたよ!!!!

 

FMながおか 佐野護

« »
このページのトップへ