• 番組情報
  • タイムテーブル
  • スポットCMについて
  • リクエストはこちら
  • 長岡リンク集
  • 防災情報
  • 緊急告知ラジオ
  • FMながおか技術部
  • 建ちあがれ!タウンクリエイター
  • 思いつきで更新!FMながおか日記
  • さとちんの縁側日記
  • JCBA 日本コミュニティ放送協会
  • ワキヤ技研
  • ネットに繋げばいつでも聴ける!インターネットラジオ

思いつきで更新!FMながおか日記

2020.6.23  カテゴリー:FMながおか日記

信濃川安全利用点検に長岡花火財団が参加

2020年6月23日(火)

毎年、GW前と夏休み前の2回、4月と6月、信濃川河川事務所が信濃川の安全利用点検を実施しています。

長岡花火財団や長岡市観光事業課なども毎年参加しており、今年も実施されました。

国土交通省信濃川河川事務所 長岡出張所に参加者が集合しました。

DSC_0137 DSC_0138
写真左 説明する古市成人(ふるいち なりひと)長岡出張所長

写真左 説明を聴く参加者。今回は、信濃川河川事務所の関係者、一般財団法人長岡花火財団と長岡市観光事業課、河川港湾課、公園緑地課、総勢およそ15名体制で検査を実施しました。

DSC_0142 DSC_0148

DSC_0151 DSC_0163

今回の点検内容は、

 ○堤防や高水敷などの危険個所の点検

 ○階段や手すりなどの安全施設の点検

 ○その他(河岸際、水面、樹林化の状況確認)となっています。

調査エリアもまさに大花火大会の客席となる右岸と左岸の広い範囲となっています。

 DSC_0145 DSC_0171 

DSC_0186

<大手大橋の下を歩く参加者。右岸で上流側を見ているので、長生橋が見える>

 

今年は長岡まつり大花火大会は中止ですが、例年通り長岡花火財団の職員も参加しました。

古市所長「今年は花火大会は中止だが、いろんな関係者とのつながりがある。いっしょにやっていきたいというところで、今年も花火財団の方には参加をお願いした」

長岡花火財団の池田優哉 事業推進課長は、「市民の安全があってこその河川敷であり、花火大会でもある。長岡まつり大花火大会の安全な観覧とともに、長岡市民のみなさんの安全な生活を守るための点検となっています」

信濃川の水の流れ、河川敷の安全対策に中止はありません。

毎年の点検が来年の大花火大会につながります。

 

FMながおか 佐野護

« »
このページのトップへ