• 番組情報
  • タイムテーブル
  • スポットCMについて
  • リクエストはこちら
  • 長岡リンク集
  • 防災情報
  • 緊急告知ラジオ
  • FMながおか技術部
  • 建ちあがれ!タウンクリエイター
  • 思いつきで更新!FMながおか日記
  • さとちんの縁側日記
  • JCBA 日本コミュニティ放送協会
  • ワキヤ技研
  • ネットに繋げばいつでも聴ける!インターネットラジオ

思いつきで更新!FMながおか日記

2020.5.21  カテゴリー:FMながおか日記

PCR検査センターの開設に向け、地元企業が長岡市へテント等を寄贈!

長岡市内に5月18日(月)、いよいよPCR検査センターが開設しました。

センターは車に乗ったまま検体を採取することができる「ドライブスルー方式」で

新潟県からの委託を受けて長岡市医師会が運営します。

 

センター開設に先立ち、今泉テント(株)がセンターとして活用できるテント等を寄贈。

水澤電機(株)はテントの設置に係る工事一式を無償で提供しました。

いずれも長岡市内で活躍する企業です。

 

5月14日(木)に行われた贈呈式では目録の贈呈が行われました。

 IMG_9443 IMG_9453 

磯田 達伸市長から

PCR検査センターについての説明も行われました。

IMG_9478

長岡市医師会から輪番で医師1名、看護師2名、事務員2名、誘導員2~3名が配置され

事務員と誘導員は長岡市からも派遣されます。

平日13時から2~3時間稼働するということです。

これにより、1日に最大30名の検体採取が可能になるということです。(これまでと比べて約3倍)

またドライブスルー方式の為、医師と検査対象者の接触が1点のみとなり

安全性もグッと高まります。

IMG_9486 IMG_9488

会場では使用イメージと配置イメージが紹介されたパネルが掲示されました。

「テント」というとキャンプや運動会、お祭りなどのイベントで使うものを想像しますが

こちらはあたかも「プレハブ小屋」のようなしっかりとした建築物に見えます。

ただ、法律上は「テント」なんだとか。

 

台湾の国際イベントで東京オリンピックに向けて日本との国交のために使われる予定だったテント。

イベントが中止となり、地元のために何かできないかと、改良を加えて提供することを決めたといいます。

IMG_9447

今泉テント株式会社の常務取締役 今泉 知久さんは

「朝来て立ち上げて夕方帰るときに撤去して、夜間(強風で)飛んで行ったら呼び出されて、

 というような管理の手間が医療従事者に掛からないよう、強い作りにした。

 従来のものと違うのは庇(ひさし)があるというところ。雨にぬれずに作業ができる」

と話しました。

IMG_9457

 今泉さんとは長岡青年会議所の先輩後輩に当たるという

水澤電機株式会社 代表取締役の水澤 元博さんは

「センターの電気設備や備品を担当するが、今泉君との話を社員にしたところ、大賛成だった。

 長岡という地域は常在戦場の精神のもと、何度も苦難を乗り越えてきた。

 今回のことで地域力が湧き出てくるきっかけになることを祈念する」

と語りました。

 IMG_9468

磯田市長は

「新型コロナウイルスとの長い闘いの中、長岡市民や周辺住民にとって

 大きな安心材料になる。2社の協力が無ければここまで早く開設できなかったと思う」

と述べました。

 

 

 

 

FMながおか 山田 光枝

 

 

« »
このページのトップへ