• 番組情報
  • タイムテーブル
  • スポットCMについて
  • リクエストはこちら
  • 長岡リンク集
  • 防災情報
  • 緊急告知ラジオ
  • FMながおか技術部
  • 建ちあがれ!タウンクリエイター
  • 思いつきで更新!FMながおか日記
  • さとちんの縁側日記
  • JCBA 日本コミュニティ放送協会
  • ワキヤ技研
  • ネットに繋げばいつでも聴ける!インターネットラジオ

思いつきで更新!FMながおか日記

2019.11.24  カテゴリー:FMながおか日記

冬目前!迅速な対応で水質事故を防ぐ!!!

まもなく冬本番。暖房器具が活躍する季節です。

そんな時期に気を付けなければいけないのは「火災」だけではありません。

灯油等の燃料の流出事故です。

 

信濃川水系水質汚濁対策連絡協議会では、毎年この時期に関係者を集め、

事故発生時の対応実技訓練を行ってきました。

今年は関係機関の連携を深めようと、実技訓練に先立ち情報伝達等に関する講習会も開催されました。

IMG_8199IMG_8198

10月31日(木)、信濃川河川事務所 大河津出張所1階の多目的ホールで行われた講習会には

県や市などの自治体、ガス水道局、川の維持管理を担う建設業者など52名の皆さんが参加されました。

講師は信濃川河川事務所 副所長 森田 賢治さんです。

IMG_8200

油の流出事故は、時間の経過とともに拡散の危険性が高まるため、初動対応が大切です。

◆第一報は迅速に

◆本川に流れる前に支川で止める

◆関係機関に効率的に連絡するため、影響範囲を知っておく

など、実際の事例も交えながら紹介されました。

IMG_8202IMG_8203

 次に、せせらぎ水路に移動して現地対応実技訓練が行われました。

まずは油処理剤の使用方法や注意点が説明されました。

講師は特定NPO法人 自然エネルギー・環境協会

北関東・東北支部 伊藤 京子さんです。

IMG_8207IMG_8209

 「陸上で漏れた油は、陸上で回収する」をコンセプトに、油吸着剤を使った拡散防止策の紹介です。

IMG_8512

それでも河川に流出してしまった場合、いよいよオイルフェンスの登場です。

これを川面に張り、吸着させながら油の拡散を食い止めます。

 IMG_8219IMG_8218

 オイルフェンスは川岸の杭につなぐ必要があるため、まずはロープワークの研修を行います。

ここでは、輪の大きさが変わらない「もやい結び」の説明がありました。普段、使わない結び方ですね。

IMG_8224IMG_8226

 いよいよ、オイルフェンスを張っていきます。イメージとしてはこのような形です。

IMG_8228

 川の流れは真ん中が一番速いため、右岸と左岸で同じ位置につないでしまうとU字型にたわみ、

油は中央に集まってしまいます。川幅が広い川の場合、回収が困難になるばかりでなく、

たわんだフェンスを油が乗り越えてしまう可能性もあるとか。

そのため、川に対して斜め45度に横断させるのが正解です。

IMG_8237IMG_8233

 とってもキレイですね!

さらに右岸に集まった油をオイルマットを使って吸着します。

 

訓練を終えたばかりの参加者の皆さんにお話を伺いました。

新潟県長岡地域振興局 地域整備部 庶務課 主事 春日 千尋さんは

「初めて参加したが、初動対応の大切さを感じた。

現場に出ることがあれば、学んだことを活かして自分なりに考えて動きたい」

と気を引き締めていました。

 

長岡市 環境政策課 技師 山田 龍太さんは

「5年目の参加。中和剤の誤認識など、改めて確認できた。

FAXでの情報提供が遅れがちというデータも出ていたので、迅速に送信できるよう業務に当たっていきたい」

と話していました。

 

研修を終えた森田副所長は

「関係機関が連携して水質汚濁を食い止めるよう訓練している。

地域住民の皆様には『自分の暮らしが河川に繋がっている』という意識を持って頂けるよう

ご協力頂ければ」とコメントしました。

IMG_8241

 美しい川は「当たり前」ではありません。

多くの方が関わって守ってくれている、地域の宝です。

「私たちの暮らしが川に繋がっている」という気持ちで、今年の冬も燃料の取り扱いには

じゅうぶん注意しましょう!!!

 

取材の模様は11月25日(月)の「HEALING ON」内で放送します。

 

 

 

FMながおか 山田 光枝

« »
このページのトップへ